初めてタイ女性用のカラオケクラブへゴーゴー嬢と行ってみる

_1_

チリ(CHILI)の子から電話を貰った後
バックしてナナプラザへ友人と引き返します。
時刻は0:00でしたが、まぁもうこの際どうでもいいやという事でw

なんか最近夜間外出禁止令も形式的なものになっちゃってきてるなぁ・・・(笑

ナナプラザの入口付近を歩いているバッタリと彼女に遭遇
友人2人を引き連れてこれから帰宅だったみたいです。

で、そこでなんで『今日来なかったの!』といわれますが

だって見に行ったとき居なかったジャンといいわけする(´・ω・)
実際居なかったんで嘘じゃないです。

というわけで
なんでもこれからクイッティアオ食べに行こうって事で
マック前の屋台の前へ移動して、みんなで食事します。

彼女と会うのは実に1ヶ月振りくらいでしょうか。

何度かお店には顔を出していたのですが、
タイミングが合わなくてなかなか会えていませんでした。

ちなみに未だに英語一本で通してますが、
最近徐々にタイ語も織り交ぜて喋るようにしてます。
学校通っているって事で
もういい加減めんどくさくなって来ました(笑

いずれ、そのままタイ語だけにシフトしたいものですね。
まぁ頑張ろうw

私と友人はバーミーを注文、
ゴーゴー嬢達はクイッティアオに赤くなるまでスパイスをぶち込むと・・・・
ほんと・・・タイの人というか夜の嬢って辛いの好きですよね(´・ω・)

と、突然彼女からこれからカラオケへ行かないか
というお誘い
を受ける

・・・・ついに来たカーー!!!(・Д・)

以前紹介した事があると思いますが、
要は夜の女性達が仕事終わりに夜な夜な嵌っているお店の一つとして、
カッコイイイケメンタイホストがいるというカラオケクラブ

短期・長期滞在者がタニヤ・ゴーゴーバーの女性と付き合うのが難しい理由

こいつは・・・・行くっかない!!

と思い快諾(笑

というわけで、何事も経験という事で
折角のお誘いの元、お店に向います。

まず一軒目はクローズw

中の様子をチラッと見ましたが
イケメンの男達がチラホラとおりましたww

555・・・こいつは勝てんぜ(´・ω・)

まぁこのお店はやってないと言う事で別のお店に移動します。

・・・場所はかなり民家の中というかもうほぼ民家じゃん!
っていう閑静な住宅通りの所に存在していました。
下にいる時はまったく音はしてなかったのですが、

店内に入り階段を上り二階へドアを開けるとそこは
一般の女性や、オカマ、夜の嬢達がすでに何名かおりました

おーここがカラオケクラブか!
(ホストクラブ)とちょっと感動

サービスは全員男の子、
カッコイイ子達もチラホラいますね。

ちなみに、外の張り紙を友人に読んでもらった所、
基本的には男と同伴でお店に入る場合は
この店の場合一人500THB掛かるみたいですね
友人と二人なので計1000THBはチャージ料金です。

_2_

まさにこの仕組み、女性の為に仕様となっており、
男は来るな!と言ったところでしょうか(笑

ちなみにお店に入る時に、
ちょっとしたロックを抜けてお店に入るわけですが、

・・・彼女が外国人だからという事を聞いて大丈夫?
みたいな事を聞いてました。

そこで、お店の人の一言

お店の人「あぁ・・・彼なんか顔がタイ人っぽいから平気よ」

(;´Д´)あーそっすかー・・・アザース

って事で問題なく入店できました。

ちなみに友人もこういう世界初ですので
かなり驚いておりました。

今回席に男が付くのかと思っていたのですが、
まさかのオカマちゃんがうちらの席に付きました。

あれ・・・男の子じゃないのか(;´Д´)

どうやら友達という事で、なかなか綺麗なオカマさん。
もしかしてちょっと気を使ってくれただろうか・・・

とりあえずここでもドリンク制度はあるみたいで、
一杯飲ませてあげてって事で快諾。

綺麗なレディーボーイのお姉さんにテキーラを飲ませます。

お店のシステムはボトルを入れたりもできるみたいですが、
どうやら今回はビールを女の子達がオーダー
一回にどうやら3本がデフォルトっぽいですね。

色々と、他にゴーゴー嬢にシステムを聞きます。

カラオケクラブという事で
基本的にカラオケの順番が廻ってくる制度らしいのですが、
一席2曲迄で、次の席に移動という感じです。

この辺はタイローカルの男性が行く
カラオケクラブと同じ感じですね。

なるほどねぇ・・・と感心しつつ眺めていると・・・

大量の来店があります。

多分仕事上がりの嬢達だろうなぁと思ってみてると・・・

(´・ω・)んんんっ??
なんかどっかで見た顔が入ってきたな

あっ・・・・(;´Д´)爆笑させていただきました。

なんと、この日ナナプラザのマンダリンに足を運んでたわけですが、
偶然にも・・・

マンダリン3Fのゴーゴー嬢達と

そして友人がこの日、席に付けて飲んでた
マンダリンのゴーゴー嬢がご来店wwww

ナナプラザのマンダリン3Fはロリ嬢が多い!!

個人的にひじょーーーにツボでした(笑

ちょーど向かい側の奥の席に座り
最初は気づいておりませんでしたが、

いやでも対面なので気づきます。

マンダリンのゴーゴー嬢達から

『あっ!!』みたいな顔されるΣ(゜□゜)
そして、なんでいるのみたいな感じでジャスチャーされる。

笑ってごまかす私w

気まずそうにしている友人w

『知り合い?』、と一緒に連れてきてもらった
ゴーゴー嬢達にも聞かれるw

・・・さて・・・なんて説明したらいいもんか(笑

まぁでも本当にその日遭って飲んだだけだったんで
正直に説明

なんとかその場は収まりましたが、
なんか友人がソワソワしていたので
友人についてたゴーゴー嬢が勘違いして
気を使って若干距離を取りました(笑

いやいや・・・お姉さん・・・
ほんとなんでもないですから(´・ω・)

でもあれですね・・・迂闊にこういう所にも顔出せませんね。
色んなお店に顔出していると、これ繋がっちゃいます。

他のナナプラザのお店では普通にタイ語使って喋っちゃているので、
なるべく早めにタイ語を上達したという事にしないと色々まずいですね。

いやーでもなるほどなー・・・
こういう夜のネットワークはこうやって繋がって行くんですね。

そしてこのマンダリンのゴーゴー嬢がちょっと曲者
時折こっち側の様子を伺いつつ

泣きまねをかましやがるんですよw

ちょまっ!マジデお前関係ないやん(;´Д´)

たまーにカンパイしに来るし・・・
何がしたいんだw

というか・・なんという小悪魔系女子orz

でもまぁそのマンダリンの子達と一緒に来てた
男性のタイ人の方がいたんですが

なんでもその方は、一緒に連れてきたもらったゴーゴー嬢達のお店
チリのDJだそうでw

・・・どういう繋がりでマンダリンの子達と来てるんだ?と
色々?でしたが、楽しかったのは事実です。

結局最終的には
チリのゴーゴー嬢達も彼女らの席に行って色々と仲良くなっていました。

多分うちらの事も併せて聞いていたんでしょうねぇ(;´Д´)

オイタしてなくて良かった・・・
実は私もこの日マンダリンで席につけた子がいたんですが、
その子はいず、それだけが唯一の救いですね。

さて、カラオケクラブという事で、
せっかく来たなら歌わないとダメでしょう!

ということでリクエストをしてみました。
十八番のBODYSLAM セーン・スッド・タイ

どうやらバラードヴァージョンという事で
まぁ問題ないです。

ゴーゴー嬢達から
貴方本当に歌えるの?的な感じで色々と視線を頂きますが、
伊達にタニヤやスティサンで鍛えてないっすよ!!(`・ω・)

って事で結構久々に全力で熱唱。

連れてきてもらったチリのゴーゴー嬢
マンダリンのゴーゴー嬢達
おカマのお姉さん含め

みんな驚愕しておりました

『貴方なんで歌えるの!!!』と

ホスト連中もちょっとびっくりしてた(゜Д゜)

やはり、タイの持ち歌は本当に
一曲はあった方が宜しいかと思います。

けどまぁ完全アウェイなので
一曲でやめておきます。

そして結局この日は3時すぎくらいまでお店で楽しみ
チェックします。

気になるお会計、な、な、な、なんと!

1670THB

・・・えっ・・あれ思ったより安い(;´Д´)
おカマのお姉さんも飲んでたけど

多分最初の一杯以外はうちらのビール飲んでたとして
多分9本くらいビールは開けてるんですよね。
内2本ハイネケン。

で、うちらの席代が二人分で1000THBって事は・・・

女性だけだと実質670THB(´・ω・)・・・安いよね。

まぁそこまでがっつりした
カラオケクラブ(ホストクラブ)じゃなかったのかな・・・?

でもマンダリンで席についた女の子は
かなり男に絡んでたし・・・まぁ良く分からない(笑

・・・ふと気になった。
おカマの客は女性扱いなのかどうか?

やっぱ、女性ですかね?(笑

また、機会があったら行ってみたいですね。
最終的にタクシーで別れて解散しましたとさ。

なかなか貴重な経験ができて面白かったです。
本場もっとちゃんとしたホストクラブも行ってみたいですが・・・

でも出来る事ならそういう自体には遭遇したくないですね(笑

投稿者プロフィール

K.K
タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専
[`livedoor` not found]
Pocket