夜のタイ人女性から学ぶタイのタクシー運転手と仲良くなる方法

5553563274_ed85303e52

タイではタンブン文化が根付いているせいか
それとも、タイ人のお国柄の気質なのか。この辺りは定かではないですが、
個人的には優しい民族であると個人的には思っております。
もちろんそういった所でも、日本では味わえない体験を求めて
日夜日本人を虜にしてやまない世界がタイにあり、

 

そういった癒しも求めて時間とお金を惜しまないで
タイへ遊びにくるリピーターの方も非常に多いのかなと思います。

 

今回のお話はタイの夜遊びといった関係のお話ではないんですが、
そんな夜働くタイ人女性のちょっとした優しさを最近感じる機会が多々あり
そういった気持ちをリスペクト出来ないかなと最近感じて来ました。

 

具体的にどういった場面で感じたかと言うと

 

友達の出戻り嬢と遊びに出掛けた時とか、

 

物乞いを見かけると彼女は必ず
お金をカップへ入れて行きます。

 

出戻り嬢曰く「カワイソーデショ」

 

とのことなんですが・・・・なんだか色々な意味合いを感じてしまいます

 

スクンビット界隈の物乞いって多分一種の職業的なもの
なっている事もありますよね。

 

多分出戻り嬢はそういった事も知っていると思うんですが、
そういった背景を知った上でも与えると言うか、
その優しさは彼女の性格の良さを表している気がします。

 

そういえば以前、タイで働き始めた頃に会社の人達と
お昼を屋台で食べていたんですが、そこに物乞いの人がカップを持って
外国人だから入れてくれ的な催促され、
入れようとした所一緒にご飯を食べにきていたタイ人スタッフ達に

 

入れなくていいと止められた事がありました。

 

ある種これが一般的なタイ人の対応かなと思うと同時に
結構タイの人ってプライドも高い民族であると思うので、
他国の人間にそういう所は関わって欲しくないと思っているのかもしれません。

 

なので、そういった『人が見てるから』とかそういうのを抜きにして
自分の感覚に基づいてさり気なくカップにお金を置いて行く出戻り嬢には
感心しています。そこだけね(笑

 

ちなみに私は物乞い関係の事は外国人が関わるべきでないと思っているので

 

私はお金を入れません。

 

さて、次に我が侭嬢

 

やつは普段の我が侭が際立っている為にちょっとした事でも
私は感動してしまうんですけども(笑

 

市場での朝食を買いに行った時にふと、大量にご飯を買い込む我が侭嬢

 

そんなに食えるのか?(´・ω・)
と思って眺めていたんですが、帰りがけに
我が侭嬢のアパート付近に住んでいる近所のおばあちゃん用に実は
朝食を買ってあげたりしていた風景を見て感動しました(笑

 

こういった優しさを持っている子なんだなぁと

 

そしてその優しさの半分くらいを私にも分けて欲しい所ですが・・・

 

なかなかそれは難しいんでしょうね(笑

 

 

とまぁそういった上記の夜の嬢の性格の良い所を見習って
ぼったくりが激しいタイのタクシーの運転手と打ち解ける
というよりか良い印象を与える方法をご紹介したいと思います。

 

 

まぁたいした事ではないんですが

 

『プアンマライ』

 

พวงมาลัยสบู่-สองชาย-ขนาดกลาง

 

というものを皆さん知っていますか?
割とタイのタクシーの運転手の方はミラー等に飾っている人が多いので
見た事があるんではないかと思いますが。

 

どういう物かと言いますと、
花の飾りみたいなやつで、よくラマ9の交差点とか
ラマ4付近の交差点の信号待ちでおばちゃんや子供等が売っている
花の飾りを事を指して『プアンマライ』といいます。

 

日本人の感覚で言えば車内の芳香剤的な要素かな?と思うかもしれませんが
(購入したてはジャスミンの良い香りがします)

 

タイ人の文化的な所で言えば、交通安全のお守りみたいな役目だったり、
タクシーの中で仏像等を飾っている方は一種のお供えとして購入して
飾っている意味合いもあり、少し神聖な認識のある物だったりします。

 

ある日タクシーに乗って家に帰ろうと思っていつものように
タクシー内でまったりとしておりました。
大抵は一人の時は特にタクシーの運転手とも喋らずにずっとスマホを弄っている訳ですが
この日、ちょっとほろ酔いという事もあってか、たまたまラマ9の交差点を
通りかかった時の信号待ちでプランマライの売り子さんと遭遇しました。

 

普段は特に『あー今日も花売ってるなぁ』くらいの認識で全くもって感心を
寄せないんですけど、この日はその売り子のおばさん
片腕が無い方でして、それでも一生懸命売っている姿見て
何となく購入しようかなという気になりました。

 

ちなみにお値段一個20THBです。

 

まぁでも購入したからといって別段自分で使う訳でもなんでもなく
ほんと気分で購入してどうしようかと思案中。

 

ちょうど、乗っていたタクシーの運ちゃんのミラーにこの花が無かった事から
『良かったら上げるよ』って事で譲って上げたら、

 

なんだか凄く喜んでくれて、

 

その後家に付くまで終始喋りっぱなしでした(笑

 

『お前は日本人なのか?』
『今日はこの後どこかへまた行くのか?』
『お前ならどこでも連れて行ってやるから連絡してくれ』
『今度一緒に酒を飲みに行こう』

 

等々(笑

 

 

そして、別れ際に名刺をくれ軽く握手を交わし別れる運ちゃん

 

別に見返りを求めて何かをしたと言う訳でもなく
本当にただの気まぐれだったんですが、あそこまで終始楽しくタイのタクシーに
乗れたのは久々だったので、貴重な体験が出来たなぁと思うと同時に
もっとタイの文化的なものを理解して行きたいなと感じるのでした

 

そういえば『プアンマライ』の売り子で思い出しましたけど、
このブログで度々紹介しているタイ映画『ONE TAKE ONLY』

 

 

この映画にもプアンマライの裸足の売り子の子供が出ており、ヒロインの子が
あまりにも売り子の子供が花を売れないのを見るに見かねて
代わりに売ってあげるシーンがあるんですけど。
(代わりに完売してあげてた(笑)

 

この映画の最後にヒロインのメッセージで

 

『プアンマライの売り子の子供に靴をあげて』

 

というシーンを思い出しました。
なんというかこういった与える文化っていうのは
もしかしたらタイでは一般的な考えなのかもしれません。
それとも夜の子達限定なのかどうかはわかりませんが。

 

photo credit: RITUALS OF A MANIPURI MARRIAGE INDIA (52) via photopin (license)

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket