好きになってしまうのが怖かったパタヤの元ゴーゴー嬢(昔話)

9

medium_3667967088

前回元ゴーゴー嬢のポニーちゃんと二人でまさかのラン島へ行った後の話

彼女の部屋から別れて一旦私はホテルへ戻りました。
少しシャワーを浴びゆっくりした後向かいます。

・・・・

・・・

お店に向うとポニーちゃんは陽気にポールで踊っておりました。
さすが、この辺は元ゴーゴー嬢といった感じですよね(笑

もうこの時点で結構私の心は密かに傾き初めております
(*´Д´)いやーパタヤのバービア最高です。

席について一緒に飲みつつ、ゲームして盛り上がります。
二人でやるサイコロのJACKPOTと4つ並べ以外にみんなで盛り上がれる
ジェンガがありますが、

この辺はお店の他の子達も巻き込んで
大いに盛り上がれることができます。

結局2時間くらいまったりと飲んでいたでしょうか。
外も大分暗くなってきたという事で

本日もポニーちゃんを連れ出します。

とりあえずご飯を食べようという事でセントラルで食べる事にします。
彼女のアップトゥーユーの元、とりあえずMKへ
多分入ったのはこの時が初めてでした(笑

タイでは非常にメジャーなMK
是非とも一度タイを訪れたら行ってみるとよいでしょう。
ちなみに、パタヤのセントラルは午後等に訪れるとMKダンスがあったりして面白いです。
バンコクではシーロム辺りでもやってるのを見た事がありますが。

パタヤの方が比較的ちゃんと踊るのかな?

なんか二本立てで踊っていた気がします。
あーいうサービスはなかなか斬新ですよね(笑

食事後なんとなく映画が見たいなと思ったので
セントラルの上の階へ移動します。

この当時確かTOY STORY3とニコラスケイジの魔法使いの弟子がやっており
どっちを見ようか悩んでた所、彼女はもう魔法使いの弟子は見た事があるということで

TOY STORY3(3D)を見ることに(笑
ぶっちゃけ全然このシリーズ見た事なかったんですが、

というかかなり子供向けなんだろうなとか思ってたんですが、

意外にも感動の大作でしてw

思わず最後ちょっと泣いておりました。
これまた、いい話なんですよ(´・ω・)
ちなみに劇場ではタイ語字幕の英語です。

詳細は詳しく書きませんが、
機会があったら親子二代で楽しめる映画だと思うので
見てみると良いと思います。

ちなみにタイで映画をみる場合は長袖が必要になりますので
予めご用意ください。
館内めちゃくちゃ寒いんですよ。

まあでも寒いけどその中でいちゃちゃもできるんで、
薄着でくっついているのもありかもしれませんね。

ちなみに映画が終わって
彼女から一言

・・・『貴方なんで泣いてるの(;´Д´)』

いやー・・・年を取ると涙もろくなるんですよ(´・ω・)

そんなだらしない所もみせつつの、
その後、連れて行きたいところがあるという事で、
彼女と一緒にセントラルを後にします。

パタヤに何度も来たことある人はよく知っていると思いますが、
ファーストロードからソウテン等に乗っていると、先に

HOLYWOODよろしく並みの看板PATTAYAの文字が目に入ると思います。
そこはちょっと見晴らしのいい所になっており、
上からパタヤを見下ろせる場所で

ちょっとしたデートスポットにもなっている有名な場所です。
夜はかなりカップルが多いですね(笑

夜景も昼間の風景もどちらもまた違った楽しみがあるので
機会があれば行ってみるとよいと思います。

行きは適度に捕まえてくれたバイタクで向かいます。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

ちなみにこのポイントは併設されてお寺が建っており
夜景を見た後はそちら側に行きたいという事で付き添います。

タイの嬢ってほんとに仏教に対して誠実というか、
この辺の精神っていうのは日本では
なかなか若い子に根付かない文化だなと思いますので、
非常にカルチャーショックを受けるというか、

カッコイイ、かっこわるいとかそういう次元の話で捉えてないので
そういう所は凄いなと本当に感じます。

その後、そこから市内に降りなくてはいけないのですが、
いかんせんこの付近にバイタク等いなくw
捕まえる事ができなかったのですが、

ポニーちゃんがお寺に車で参拝に来ていた人に
下に下りたいので
一緒に連れて行ってくれませんかと交渉。

知らない一般の方が快く下まで乗っけていってくれました。

なんというか、
ほんとタイの人の温かさに心を打たれる事が多いですね。

その後はそのままホテルへ帰宅。
今回も何だかんだで何もしないまま次の日を迎えます。

・・・・・・

・・・・

・・

翌日、今日はどこに行こうかという話になり、
なんか少し離れた所に行ってみたいと思ったので
ポニーちゃんに色々聞きます。

するとどうやらちょっと離れた郊外に
世界の有名な建造物をミニチュアで表現した場所があるとかなんとかで
行く事にします。

確か走っているソウテンをチャーターしていったと思います。

本日の天気はあいにくの曇り空、今にも雨が降りそうな天気でした。

2日間ですが、24時間べったりで過ごしていると
何だかんだで情って沸いてきますよね。

しかもポニーちゃん優しいし、色々連れて行ってくれるし、
なんというか至福の時だなぁとその時は感じておりました。

これがいわゆる、
タイにはまっちゃう人のパターンなのかなと


冷静にふっと思います(笑

世界のミニチュア展はなかなか面白かったです。
お客さんはそれほど入っていませんでしたが、
各所で世界の有名建造物が立ち並んでいるので
ちょっとした世界旅行した気分を味わえます。

ちなみにタイ人価格と観光客価格がありますのでご注意ください。

色々見て廻っていると突然雨が降り出してきました。
とりあえず売店の場所で小休憩。

この時期どうやら雨季なので、かなり強めなスコールでした。

そんな中他のお客さんもこの日は特にいず、ラン島同様に二人きり
売店におばちゃんはいたかな?

ぼーっと雨の降る曇り空をただ、無言で眺めておりました。

と、ここで思考が冷静になってきて、

このまま二人でいたら
『やばいな』と本能的に思ってきました。

というか、この時点でかなり好きになっていたんですよね。
で、そのままこの後も一緒にいたら、帰るのが嫌になるんじゃないか、というか
別れるのが辛くなるんじゃないかという結論に行き着きました。

この辺タイに嵌った事がある人は
必ず通るジレンマじゃないのかと思います(笑

まだ三日目ではありますが、本当に帰るのが辛くなるのが嫌だったので、
自分の中で、彼女と一緒にいるのはこの日だけで夜はお店に行くのはやめよう

そう雨空を見つつぼーっと考えるのでした。

雨も段々やんで来て、途中でソウテンをチャーターしてホテル方面へ戻ります。

そこで、彼女とも別れ

ポニーちゃんから
「貴方今日もお店に来てくれる?」

という問いに自分の中では『行かない』と言えず
思わず行くといってしまった不甲斐ない自分。

でも結局その日の夜に
お店に行く事はなかったのでした。

昔の知らなかった頃の心境と今の心境はまったく変わっており
今だったら最後までがっつり過ごしてますがねw

まったく何を躊躇しているんだアホがっ!m9(゜Д゜)
と昔の自分に活を入れたい

今でも機会があったらもう一度遭いたいなぁと思う私の中では
非常に印象深いバービア嬢のポニーちゃん・・・

今でも元気でやっているかなぁ

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: longhairthai.com via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

9件のコメント

  1. Kさんこんにちは。嬢とガチで張り付くと本当に情が湧きますね。Kさんの気持ち分かりますよ。嬢の何気ない仕草や優しい所を思い出すと「何とかして自分の物にならんものかなぁ。」なんて気も湧いて来て、後々辛い別れの局面が来るんですよね。今自分も自ら沈むであろう「お気に」という名の泥舟に鎮座して出港しようかなぁ。と思ったりしてます。この時が一番楽しい様な。。
    惚れ込んじゃうと何とかしたいのが本音です。

    • いやはや、ほんと・・・
      あのまま一緒に7日間いたら確実に日本に帰って病んでいたでしょうね(笑

      結局の所よほど強い意志と精神そして、
      割り切りを持っていない限り、なにかしらの衝突だったり
      やきもきな感じを出してしまうので、そういう所が辛いですよね・・・

      ほんと、あって何日か目だったりが一番楽しい時期でもあるので
      短期旅行者の方はその辺の見極めというか瀬戸際を間違えちゃうと
      ずるずるといってしまいますよね

      でもそれは男なんだからしょうがないと思います(´・ω・)

  2. はじめまして。いつも楽しく拝読させて頂いております。
    私、2009年より仕事の関係で不定期に訪タイして今まで仕事の合間にテキトーーにタイギャルと楽しんでおりましたが前々回の訪タイ時にナナのGOGOダンサーについうっかり入れ込んじゃいまして地獄をみました。
    最初に会った当時は働き始めてまだ2週間ということで初々しくてつい1日おきにペイバーして、その4ヶ月後の訪タイ時には初日から帰国までずっとペイバーして、日本にいる間も毎日暇さえあればLINEでチャット。。。。
    KKさんならわかりますかね?その間とその後の苦悩。
    客にペイバーされている時でも平気で写真送って来ますからね。「只の仕事だから心配しないで」って。
    情が移るとだんだんそういうことに苛立ちを感じてしまうわけで、自分で「こっちだってただの遊びじゃねーか」って思ってても段々ですねーーー。。。。。
    そんな訳で半年以上交流してきましたが、たった今程ちょっともうやばいなーと思い始めて「このボケ!!大概にせーや!!」と大喧嘩しておしまいにしたところです。
    KKさんのこの時の判断はファインジャッジだったと思います。
    遊びは遊びで強い精神力で割りきれないとですね。
    自分も最初は擬似恋愛を演じ楽しんでいたのですが結果向こうの方が上手だっただったなーと。。。。
    タイギャル恐るべしです。

    • 日本居る間の会えない辛さは良くわかりますよ。

      当時短期旅行で知り合った運命の嬢という子がいまして、
      電話番号とFACEBOOKのアカウントを教えてもらって

      そのFacebookのアカウントで日本人の男達がいいねをしているのを見るが
      非常にやきもきしておりました。

      当時LINEなんて便利なアプリもなかったものですから
      国際電話もかなり掛かっていまして(笑
      今となっては良い思い出であります。

      で、最近思うのはですがタイの夜の嬢と付き合う上では
      寛容な精神をもって接しないとダメなのかなぁと思います。

      なんていうかしょうがないんですよね。
      彼女たちは仕事なので、日本のキャバクラで
      お姉ちゃんに君の事すきだけど他の男と話すの嫌だから
      接客するなって言っても無理じゃないですか

      私のこの辺の感覚は他の人に言わせればどうやら
      壊れているらしいのであまり参考にはならないかもしれませんが(笑

      でも毎日暇さえあればLINEでやりとりするのは
      良い感じだと思います。

      あまり責めないでくださいね。

      • リプライありがとうございました。

        KKさんの記事を読んで「この人は精神の超人だ!!」と思っていたのですが過去にはそういう時期もあったのですね。
        少し安心しました。

        一応ご報告ですが結局彼女を切りきれませんでした。。。。
        思い切って散々喧嘩して「よーし!これで終わり!!」と思っていましたら、その後向こうからとても切ないLINEがポツポツと時間をおいて来て結局喧嘩から24時間後につい返事を送ってしましました。

        なんかカタに嵌められてるのかなー。。。。

        まぁそういうのも含めて20以上年下の女の子に手玉に取られる感覚をしばし楽しみたいと思っております。
        なんだかんだ言って分かっていながら楽しんでいる自分が怖いです。

        • >この人は精神の超人だ!!
          いやいや、意外と寂しがり屋で泣き虫だったりします(笑

          >一応ご報告ですが結局彼女を切りきれませんでした

          おーそうですか継続中ですが!
          いい感じですね。
          夜の嬢達と付き合うなら寛容な心で行きましょう!

          彼女たちはお仕事なのでしょうがないのです(´・ω・)

          でもお財布は簡単に緩めちゃダメですよ(笑
          癖になりますから

  3. Pingback: 会いに行かないと決めたのに・・・気になる・・パタヤの元ゴーゴー嬢 | バンコク・就職・夜遊び日記

Leave A Reply

CAPTCHA