日本食は初体験?現役ゴーゴー嬢達と行くスクンビットソイ26の日本町へ

バンコク スクンビット26  日本町

とある、日曜日一通のLINEが届きます。
どうやら以前、スクンビットソイ22のこいもでお世話になった読者のリピーターさんより、
今ホイクワンでこの間の時に一緒に飲んでカラオケに行った嬢のアパートの家に来ているので
良ければ夜食事でもしませんかといったLINEが届きました。

この日は特に予定もなくまったりしてたのでOKですとお返事。
とりあえず時間まで部屋で仕事をして時間を潰しておきます。

それにしてもこの間の元バカラ嬢のアパートへ行っているというのは流石ですね。
まぁ、元々3年前は彼女だったという事もあったとしても、
現在でもアパートへ足を運べるのは良い関係だと思います。

・・・・・・

・・・

さて、時間もそろそろ待ち合わせの時間となりました。
というわけで、早速待ち合わせ場所へ向かうとします。

待ち合わせ場所は

 

マッサージパーラーのポセイドン前(笑

 

なんでも元バカラ嬢のアパートがその裏手の方らしく、
徒歩15分くらいの場所にあるという事で現地で待つ事にします。
名前はよく聞く所ではあったのですが、いかんせん私は行った事がなかったので
場所をネットで検索。向かう事にします。
てっきりナタリーとかそっちの方と思っていたのですが、
アソークじゃない方面の方を北上する形なんですね。
知りませんでした。

というわけで徒歩で向かう事にします。
現地へ到着後、ポセイドンの建物のでかさにびっくり(笑
あのお店凄いデカいですね。

とりあえず、まだリピーターさんは来てなかったので、
暫く中をみてみてますという事でポセイドンの中に入ってみる事にしました。
初来店です(笑

 

お店の中は一階は特に人はおらず、ゴージャスな階段をあがった
二階の奥の方にどうやらひな壇があるみたいです。

 

後は3Fの方にも女の子が居るみたいですが、
階段がなかったので、エレベーターで行く感じでしょうかね。

とりあえず、体験するつもりはありませんが、
値段をサービスに聞いてみると、どうやら
ナタリーとあまり相場は変わらないみたいですね。2600THB〜みたいでした。

2Fのフロアには多少高級感が漂っており、客層もタイ人のお金持ちも来ていたりと、
外国人だけではないみたいです。

と、ここで、リピーターさんよりそろそろ着きますという事で
お店を出る事にします。
そして、外でリピーターさん達と待ち合わせ。

すると、以前一緒に飲んでカラオケまで行った元バカラ嬢と、リピーターさん。
そしてもう一人、最初は元バカラ嬢の妹さんかな?と思ったのですが、

 

どうやら一緒に同居している女の子の3人で行くという事でした。

 

そして。その子のリクエストで日本食を食べた事がないという話の元
じゃあ日本食を食べに行こうという話になったらしく
スクンビットソイ26の日本街へ行く事にします。

同居している女の子は私とは初対面という事もあり、少し緊張気味な感じでした。
まぁ、基本的に誰でもそんなものですよね。私も少し緊張します(笑

 

というわけで、タクシーを拾いそのまま向かいます。

私は助手席へ
女の子達、リピーターさんは後ろの席です。

さて、道中のタクシー・・・
この日のタクシーの運ちゃんがエラい喋る運ちゃんで
なんだか色々と話を捲し立てます。

 

話半分に聞いていたのですが、
すっごい自分の事をよく喋るんですよね(笑

 

タクシー運ちゃん「タイの女はどうだ?最高だろう?」

タクシー運ちゃん「俺は、今3人の女の子と付き合ってるんだ」

タクシーの運ちゃん「コンドミニアムだって持ってるんだぜ」

・・・(;´Д´)あっ・・・そうっすか・・・

 

そして、後ろの方で笑いを堪えている女の子達
・・・っていうかこの人めんどくさいんで会話助けてくれないかなぁと思ってたら
元バカラ嬢が話を振ってくれて助かりました。

しっかりと聞いてきっちりとタイ語を理解するには
まだまだ勉強が足りないと思いましたね。精進致します。

さて、タクシーの運ちゃんのマシンガントークにも疲れた所で日本町へ到着します。
ここは日本の飲食店が集まるモールで現地のタイ人達にも人気
駐車場等は夜は埋まってしまうといった自体も多々見受けられます。

今回はそんな中、リピーターさんチョイスのお店、なぎ屋へ
私は初めて訪れました。

席は天井の低い2Fの方へ、なかなか雰囲気は悪くないです。

リピーターと元バカラ嬢のコンビ
そして私と、元バカラ嬢の同居人

といった席の配置です。

ちなみに、元バカラ嬢は日本語が少し分かりますが、
同居人の女の子はタイ語のみしか喋れません。

初期の席の感覚はまだ、あまり同居人の子と喋ってない事から
間にかなり距離があります、まぁそんなもんでしょう。

さて、日本食が初体験の子に何を食べさせれば良いのか・・・

 

まぁ鉄板はサーモン系でしょう。

 

ちなみに、前の元彼女は日本食レストランへ行ったら
サーモン以外頼んだのをみた事がありませんでした(笑

それくらいタイ人はサーモン好きです。
日本でいう所のマグロかわりのサーモンといった所でしょうか。

あとは比較的に焼き魚等も良いと思います。
枝豆も普通にタイの子は食べたりできるのでありだと思います。

意外とお寿司系は好みが別れる所なので
初めて日本食を食べる子には避けておいた方が無難かもしれませんね。

 

あとはサラダ系も比較的大丈夫でしょう。

 

というわけで色々オススメを聞かれつつも
適度に頼んで同居人の子に日本食を初体験して貰うという事になりました。

料理が来る間は適度に会話を楽しむ事になります。
基本的に、同居人の子はタイ語以外わからないという事から基本的な会話言語は
リピーターさんもタイ語を喋れる事ですし、タイ語がベースとなります。

さて、色々と同居人の子にせっかくなのでお話を色々と聞いてみました。

K「職場はもしかして元バカラ嬢と同じ所?」

同居人の子「違う違う、ゴーゴーバーで働いてるよ」

どうやら現役のゴーゴーガールなご様子です。

K「へぇ本当に?どこのお店?」

 

同居人の子「ナナプラザのマンダリン」

 

K「えっ!?本当に?結構よく行くんだけど・・・君をみた事ないね」

同居人の子「働き始めて1ヶ月くらいだから」

そして、おもむろにタバコを吸い出す同居人の子

K「えっ…君タバコ吸えるの?20未満だよね?

 

爆笑する元バカラ嬢

 

元バカラ嬢「彼女私と同い年だけど」

K「いくつ?」

 

同居人の子「25歳だけど・・・」

 

K「えっ!?(;°ー°)」

どうやら元バカラ嬢の子と同い年だったみたいでした。
結構童顔な感じだったのでてっきり18くらいだと思ってました(笑
タイの子の年齢はよく読めない時があります・・・・
意外な真実にびっくりです。

というか元々彼女達の接点はどういった所で知り合ったのか非常に気になりました。
ので聞いてみる事に

K「というか二人はどういう関係?どこで知り合ったの?」

元バカラ嬢「元々インタマラのゴーゴーバーで一緒だった5年前くらい

 

ん?インタマラのゴーゴーバー
・・・もしかしてスティサンか?

 

K「えっと・・・もしかしてインタマラのゴーゴーバーって言ったらT-DED99とか」

元バカラ嬢「そうそう、そこ、なんで知っているの?」

いやー・・その付近のレインボーはテリトリーですので(笑

 

というわけで、どうやらこの二人は元々ローカルのゴーゴーバーが出身のご様子です。
個人的にはなんだか意外だなと思いました。
基本的にローカルの方で働いてる子って
外国人向けのお店で働かなそうなイメージがあったもので、

 

なんで移ったの?と聞いてみた所

 

タイ人の遊び方が非常に嫌で移ったんだそうです。

 

それとT-DED99の場合は衣装もそこそこ過激ですからね。
そういった面もあって移ったのでしょう。

 

ひょんな共通の話題から話が盛り上がり、席も良い感じにお酒も進みます。

 

次回、お酒も入りつつ徐々に打ち解けてくる4人の宴会
やはりタイの女の子と最短で仲良くなるにはタイ語が必須 へ続く

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket