東南アジア・タイだから安く開業出来ると思うのは大間違い、資金力がないならやめた方が無難

 

久々にパパから連絡を頂きましてフォーチュンクラブへと二人で突撃してきました。
やはり色々とバンコクでのビジネスというのは自分でやるのは難しいのだなぁとお話を聞いていて
思うところがありました(′・ω・)

 

発展途上国のように見えて実はある程度進んでいるタイ王国はブルーオーシャンのように見えて
一部のカテゴリは既にレッドオーシャンであり、多くの日系企業が進出しているという事実。

 

3年前には数社しかやっていなかった事も現在ではどこの同業者もやるようになってきたという状況は、
メインで回していたものだけでは賄いきれなくなってきたということなのでしょうか。

 

そういえば、バンコクのカラオケクラブを経営している方の話を聞くことがちょろっと最近あって
愚痴ってたというか。

 

『カラオケクラブなんてタイでやるもんじゃない』

 

と割と真面目に語っていたのを思い出しました。

 

初期段階で赤字にならない事なんてほどないでしょうし、
意外と東南アジアだから安くなんでも出来ると勘違いしてお店を初めると
とんでもない事になるそうです。

 

例えば内装の話。

 

安くあげようと思えば安い業者は確かにあるものの、まず期限通りに事が運ばない
工期3〜6ヶ月くらい遅れて当たり前。

 

お金の支払いを入れているにもかかわらず、その業者の資金がなくなれば追加で前金の支払いを要求され、
完成してないでしょと拒否れば現場をばっくれ。

 

なんて多々あります。

 

で、なくなく途中の内装を別業者に引き継ぐもさらにコストはかかったりとかね。

 

なので、ある程度最初の段階から安さを基準に考えるのではなくて
しっかりした所という所に目をつけるのであれば金銭的がかかっても高い所の方が最終的には
安かったと言った結果になったりするので、

 

日本の『安くて早くて旨い』なんていう理屈のままを
タイに持ってきてもまず成功する事はないでしょうね。

 

あとは従業員の問題というか、統括するチーママだったりの性格が悪い人だと
平気でレジのお金を誤魔化すとかざらなんで。

 

キャッシャーには信頼をおけるタイ人がやるのが定説なのですが。
(タイ経営であれば大抵は親族が職についている傾向)

 

カラオケクラブ界隈の多い事情として、自分のタイ人の恋人にすべての権限を任せたりとか
お店を開きたいとか行って与えちゃった場合が一番ヤヴァイタイプだと思います(笑
(付き合いが一緒に住んでるレベルで相当長いのであれば別ですが)

 

現場に自分自身もしくは日本人マネージャーが顔を出しているならいいのですが、
いないで日本から指示を出しているだけだと、よほどの信頼関係が結べてないとうまく行かないですよね(笑

 

あとは警察絡みに強い関係者とかこの辺りのコネクションも重要になってきたりしますしね。
そうとう厄介だと思います。

 

まぁ、というわけで、タイでなにかしらのお店を開きたいなら潤沢な資金力がないと
1〜3ヶ月でクローズなんて本当にざらなので。

 

低資金でお店が開けますよとかそういう甘いお話にはご注意ください。

 

1年でカラオケクラブもお客さんが入らなければ
1000万くらいは赤になるとか普通みたいですから(笑

 

それをかぶせてさらに1〜2000万くらい出す気で行かないと
結構厳しいみたいな話は語ってくれたオーナーの方がいましたけどもね。

 

と・・・話がなんか超脱線した。

 

えっとフォーチュンクラブにパパと一緒に遊びに行った話でした。

 

最近のフォーチュンクラブも色々な子達がやめてしまってので少し悲しい気もしますが、
去る人も入ればあらたな風も入ってくるのが当たり前であり、

 

 

よく付けていた子はまた何かの機会でばったり会えればなぁと思います(笑

 

 

そんな中今回は新人のエミリーちゃんをチョイスいたしました。
素人っぽい子というか前回どこで働いてたの?って聞いたら元銀行員だそうで。

 

その割にはなんだか口移しでお菓子を食べさせようとしたりとか
色々と遊びなれているなー感はある子でしたが、

 

接客対応が、絡みついてくるような濃厚な接客なので、
距離感が近いですが、ぐいぐいとくる感じはすごく良い子だなと思いました。

 

彼女は日本語はそれほど喋れないそうですが、英語は行けるとの事。
ただ、意思の疎通が難しくても随所でマッサージはしてくれるので、そういう点では癒されたかなぁとは思います。

 

 

あとは、話せなくても店内にあるジェンガとかで盛り上がれば
二人の距離は一気に縮まるでしょうねぇ(′・ー・′)

 

ママと合わせて五人でやってましたが、私が今までジェンガをやった中で
一番の高さまで積み上がった気がしますね(笑

 

カラオケで盛り上がる遊び方も良いですが、たまには趣向を変えてこういったゲームで盛り上がるのも
悪くないなぁと久々に思ったのでした。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket