短期・長期滞在者がタニヤ・ゴーゴーバーの女性と付き合うのが難しい理由

medium_12983468375

正直この記事を書くのは非常に悩む所ではありました

が、

やはり書いておかねば行けない題材ではあるだろうということで
気分は乗りませんが書いて行きたいと思います。
ほんと皆さんの甘い夢をぶち壊すかもしれませんが・・・

タイの風俗を取り巻く事情というかあるサイクルに関することですので、
現在もし、短期滞在者でタイに愛しの女性がいるという方

・・・正直見ないほうがいいかもしれません。
特にタニヤ嬢が彼女だという場合・・・

結構辛いかもしれません。

けどこの事はタイによく足を運び
オキニにどっぷりな方は是非とも
頭の片隅において欲しい事でもあります。

何かの際には回避できるかもしれませんからね。

それを踏まえてどうしても見たい!!
という方は下にスクロールしていってください。
見たくない方は閉じてください。

・・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

・・

前置きが少し長くなりました。
さて、以前タイ人女性(タニヤ嬢・ゴーゴー嬢に)にモテル為の9の方法
という記事を書きました。

お陰様でかなりの反響を呼び、色々な方からコメントや
納得できるという話を頂き大変ありがとうございます。

じつはその前回の話は今回のお話に繋がっています。

なぜ・・・あそこまでしなければモテナイのか・・・と

例えば皆さん、ゴーゴー嬢やタニヤ嬢が仕事を終えたら
どこへ遊びに行くと思いますか?

ディスコ?みんなで食事?彼氏の待つ家に帰宅する?

色々とあると思います。

正直ディスコや食事だったら可愛いレベルなんですが・・・・

タイの夜を取り巻く事情として

パタヤもそうですが、

ホストクラブの存在というものがあります。

タイのホストクラブはいわゆる
タニヤのカラオケクラブの男性版みたいなもので

お店にはカッコ良く若くて意思の疎通100%通じ、
お店の中では完璧なケアをしてくれる、

タイの男達がいるという事実。

ちなみに客層は8割型夜タニヤでの仕事上がりのお姉ちゃんだったり
ゴーゴーバー終わりの嬢がほとんど、

しかも、基本的に彼女達の生活サイクルと
ホスト達のサイクルは完全に一致しているわけで

もちろん『お持ち帰り制度』もあります。

つまり一人で寂しいと感じている嬢達は

夜な夜な仕事終わりにホストクラブへ赴き

朝まで楽しみ、

そのままその男と一緒に帰り
一緒に寝るという流れが

出来上がっちゃう構図

・・・ここに割って入って勝てる自信ありますか?

正直私はないですね(;´Д´)

生活のサイクル、容姿、コミュニケーション
どれをとっても勝てる要素が・・・(;´Д´)

だからこそ、本気で好きな嬢が出来たならば

まずは、しっかりと
タイ語を学ばなければいけない。

一緒に住んだとして『アレとって』、『これとって』、『電気消して』
という日常的な会話をしっかりと出来ますか?

彼女が本当に悲しい時に励まして上げれるような
タイ語を喋れる事ができますか?

意思の疎通がしっかり取れなければ
愛想を尽かされると思います。

別に旅行者的なノリで割切った遊びであって
そこまで突っ込むつもりもヤキモチを焼くつもりもない方には
まったくもって関係ないお話ですが、

でもそこを一歩超えようとした時に
かなりの難関の壁が立ちはだかっております。

ちなみにタイのホストは
タイ人ですのでコミュニケーションは100%
彼女達がうれしい時悲しい時に彼女たちをケアする事が可能です。

しかも甘いマスクで

彼女達は夜のお店で働いている以上仕事です。

タイ語しゃべれようがしゃべれまいが、
カスタマーであるのなら

それはチヤホヤしてくれると思います。

だから『日本人はモテル』んです。

でも、だからこそ、

自分自身を磨かねば・・・

 

重ねえていいますけども・・・

容姿が劣っていてあまりタイ語を話せない年を取った日本人と

ホストクラブで働くような意思の疎通ができる若いカッコいいタイ人

どちら側に『ぐらっ』とくると思いますか?

 

この現実から目を逸らしては駄目だと思います。

 

正直この真相はこっちに住んでても難しいです・・・
なぜなら私達は外国人だから。

タイ語できちんとやりとりできる人は別ですが・・・

日本人のステータスなんて
あまりメリットなんてないと思います。

っていうか、なんだかんだで
当たり前ですが、タイ人女性は

若くてカッコイよく
意思の疎通が出来る人が好きなんです。

多分こういう所に嵌っている女の子は
かなり長くタニヤや、ゴーゴーバーで
働いている女の子が行っている傾向にあります。

よく彼女から突然

今日誕生日会があるとか
急に行けなくなったとか

そういうのありません?

まぁカスタマーという可能性も否定できません
これがもし深夜の断り文句であるならば

ホストクラブへ繰り出している
可能性は大きいと思います。

あとは、お金を送金したのにすぐ使っちゃったとか

これも行ってる確率高いと思います。

ちなみに判断材料として

ラチャダー カラオケクラブ

この辺のキーワードで彼女に聞いて反応があったら
確実に何かあると踏んだほうがいいとおもいます。

シーロムにもちょっとはあるのかな?

こういう事実があるからこそ、タイ人彼氏達は
女の子が仕事終わったら迎えにも行くし、
頻繁に電話でやりとりをする

こんな世界があったら気が気じゃないですよね(笑

ちなみに、もしタイで夜の彼女を作りたいならば・・・
働き初めの女の子を狙うしかないんじゃないんですかね。

長く働けば結局は染まってしまいますからね。
遊びを覚えさせているのは同じお店で働く

お姉さん達だったりするわけで
お姫様扱いしてくれる所に・・・ウブな嬢達は
確実に嵌ってしまう現実があるでしょうね。

日本のキャバ嬢・風俗嬢がホストに入れ込む状況と同じ構図

割り切って遊ぶには最高に夢を見させてくれるタイランド。

だけどその裏事情、結局おいしい所はタイ人が持っていっている
という事情に遭遇してしまうと
・・・なんだかなーという気がしなくも無いです(´Д´)

うーーん・・・彼女見つけるの難しい気がしてきた(笑

一応悲しい話で収めるのは申し訳ないので
小話でも

彼女達が仕事終わり、1,2時間くらいで貴方が住んでいる家へ戻ってくるならば
信じて良いと思います。

在住の方限定なお話ですかね。

あとは、まぁなんだかんだ書きましたが
10人が全員通ってるとも限らないので・・・

そういうの嫌いだという嬢達も居る事でしょう。

でも、そんな状況の中でも
どうしたらタイの夜の女の子と付き合っていけるのか

身体を張って実際に頑張ってみようと思います。
だってタイの子好きなんだもん!
しょうがないじゃんちくしょーー(;´д´)

その為にはやはり、自分磨きをちゃんと
やっていこうと思います。
・・・まずはお腹が少々やばいのでダイエットだ(笑

というわけで頑張ってみます。

あくまで一例として頭の片隅にそういう事もあるのかと思っていただければ宜しいかと思います。
もし気に入ってる嬢が通っていた場合何かしらの対処ができるかもしれませんので

どうでしょうか?

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: fernandoleyder via photopin cc

投稿者プロフィール

K.K
タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専
[`livedoor` not found]
Pocket