転職決定後タイ移住への最終的な準備を行うビジネスビザ取りから渡航まで

2

medium_373270557

なんだかんだで割と本気に探してみると
タイ移住はあっさりと決まってしまいました。

 

ある意味自分の運もあったかもしれません。

 

とりあえず転職先も決まったという事で、
転職が決まった会社と打ち合わせをしつつ、
会社側からは日本側でビジネスビザを取るべく書類を送付してくれるので
それに記入をし持って在京大使館へ行ってくださいとの事でした。

 

あとはビジネスビザを取るに当たって飛行機のチケットも必要だったので
こちらも片道で手配します。(自費)

 

会社側からビジネスビザ申請の必要書類が届くと、
転職先の会社の人の指示通り、記入していきます。

 

この時まだ、記入欄に現地の住所はみたいな項目があったんですが、
とりあえず会社の住所を入れておいてくださいという事で
それでなんとかなりました(笑

 

この辺りの事とを平行して、運転免許も国際免許に一応切り替え
(結局使う機会はなかったですが・・・)

 

ただ、これを元にタイで免許にも出来るので持っていても損はないと思います。
取得は簡単で申請したその日にはできます。手間も掛かりませんね。

 

さらに、最終学歴照明書を取り寄せます(英文)
理由は渡航した際、WP(ワークパミット)を発行してもらう時に使うみたいですね。

 

あとは会社を退職した後ですが、
住民票を海外へという事で抜きます。

 

こうする事によって日本の税金等の請求が家に来なくなります。
抜くのはいいかどうかは人それぞれですが、
私の場合は住民票を残しておく意味を感じなかったので外しました。

 

海外保険に関しても正直スルー

 

ですが、はいれるものなら入れる人は入っておいた方が良いかもしれませんね・・・
何かあった時の治療費はタイは非常に高額ですので・・

 

日本語の通じるサミティベート病院に
2日入院した方の明細を前見せてもらいましたけど、

 

30,000THB超えですからね。

 

おちおち病気してられませんよ、海外では(笑

 

とりあえず自分が日本に居た時に準備した事はこんな所ですかね。

 

タイ・バンコクへ到着後、初回の一週間半くらいはホテル暮らしでした。
色々とどの辺りのアパートにするかどうかを会社の人とやり取りしていたのですが

 

なんだかんだで決まらず(笑

 

指定は1万バーツ位で御願いしますと当時頼んでおりまいた。
場所に関しては正直バンコク行った事なかったので(笑
どこでも良いと思っていました。

 

で、確か自分で見つけた所で丁度いい条件の所があったのですが、
日本人が住むには危ない地域だとかなんとかで現地側のスタッフ子から
辞めた方が良いと(笑

 

結局現地のスタッフと一緒に見ながら決めましょうという事になりまりした(笑

 

というわけで、上記の準備がすべて整ったという事で
2011年の5月の後半にタイ移住すべく渡航するのでした。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: honey-bee via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

2件のコメント

  1. リピーター on

    遂に移住開始ですね〜、バンコクに行った事がないと言うところが(笑)ます。

    海外生活中で独身者は基本住民票は外した方がいいです。でも既婚者は場合によって残しておいたほうが良いケースもあります。海外保険、普通に入り続けると高いですが、海外生活が長い人が安く賢く利用出来る方法もあります。もし興味あるようでしたらまた今度お会いした時にでもお話しましょう。

    • 3回ともパタヤでしたの(笑
      バンコクの地理は無知に等しかったです。

      >でも既婚者は場合によって残しておいたほうが良いケースもあります。

      なるほど、この辺色々な事情が絡むのでしょうね。
      私は独身者ですので迷わず抜いてました。

      >海外生活が長い人が安く賢く利用出来る方法もあります。

      この辺りのお話は今後の為に是非とも後で教えてください。
      非常にきになります

Leave A Reply

CAPTCHA