酒税アップ?MPも税金アップ?バンコク風俗業界はどうなるのか、そしてMP閉店の真相は

昨年度から今年に掛けてバンコクの風俗業界にも影響する様々な出来事が今タイでは起こっています。

 

有名マッサージパーラー店の摘発、酒・タバコ税のアップ、そしてマッサージパーラーからの税収を狙った
税金のアップ等。通常のVATも8%のあげようという案

 

とにかく今のタイ政府はお金がどこから取ろうか?という姿勢を見せている節があります。

 

こういった影響はタニヤのカラオケクラブ等にも見受けられており、2017年2〜3月の時点で
かなり国税の調査がむきうちで入っており、厳しさが通年のそれとは違っているといった話も聞きます。

 

もちろんこういった調査で税収が払えず潰れてくるお店も今後出てくることでしょうね。

 

これは今の軍政権の影響化を受け、国王が崩御した事もある事からクリーン化を狙っての事なのか?
はたまた別になんにも考えてない何か裏の利権が絡んでいるか?今回はそんな所を書いてみたかなと思います。

 

タイの酒税アップは1.6倍以上の増税?


3月の上旬に酒の税金がアップするといった事が発表されました。
これの案がだされてから施行は180日後との事ですが、図でみるとかなりの価格のアップが見込まれており
ゴーゴーバーで現状ドリンクがが150~200くらいな所はさらに料金が高騰し一杯250~300THBくらいになるのでは?
といった不安の声もTiwtterで見られていましたね。

 

タイの風刺が漫画を書いている有名なオナンひろしさんのTwitterでもこの内容をわかりやすく
漫画にされており、将来的にはタイに魅力をなくした観光客が他の安い諸外国へ移ってしまうといった
風刺画を書かれていますね。

 

確かに、タイの酒は税金が高いとはいえ、現状でも日本と比べて安い金額で飲む事ができるので
魅力の一つだと思います。

 

まぁ、でもこの酒税アップのカラクリはいきなり1.6倍の金額に値上げを行うという施行ではなく
段階的にステップを踏んでいき税金のMAXが最大でこの公開されている金額に
将来的になるよという事であって、ある日突然倍増するという事ではないそうです。

 

年月を掛けて徐々に上げていく算段との事なので、
すぐさま影響が出る事ではないのかなとは思いますが

 

タイ経済が今後発展していく過程では最終的には
公開されているMAXの税金価格になるという事なのかなと思います。

 

マッサージパーラーも一回辺り1000THBアップの増税?


 

昨年度からマッサージパーラーの締め付けが軍事政権になってから
きついようにも思えるかもしれません。

 

マッサージパーラーで有名で日本人に人気を博したナタリーやエマニュエル、
高級MPとして有名なアムステルダム。

 

ナタリーの向かいにあったアレキサンダー遊びで有名なMPシーザー

 

ラチャダー界隈の有名どころマッサージパーラーが軒並み閉店しており、
タイの軍政権がいよいよバンコクの風俗業界を潰しにかかってきているのではないか?

 

といったTwitterも酒税アップの時と同様に見受けれました。

 

一部の方の話ではタクシン派への資金を断つ為に潰したのでは?と言ってる方もいましたね。

 

 

そんな締め付けが厳しいように見えるマッサージパーラーにさらなる激震が!
一人1回あたり1000THBの高騰はマッサージパーラーを主戦場に置いてる方には
かなり厳しいなと感じる事でしょうね。

 

ただ、こちらのマッサージパーラーの税金徴収もある日突然増税するのではなく
酒税と同じで段階的にMAX1000THBのアップ見込むよと言った事であり、
いきなり価格が高騰するといった内容ではないそうです。

 

なので、まだマッサージパーラー好きの人達はすぐさま心配しなくても大丈夫かと(笑
あくまで断続的に将来上がっていくよといった構想だそうなので。

 

まぁ、それでも税金がかかり価格が上がる事は事実なのではありますが、
色々と抜け道を探してマッサージ業界もあの手この手で回避してくるかもしれませんね(笑

 

ナタリー・アムステルダム・エマニュエル・シーザーマッサージパーラーの閉店の真相


この話かなりの激震が走ったのではないでしょうか。

 

私はあまりマッサージパーラーへの縁がない事から『へー』くらいにしか思っていませんでしたが、
日本在住の読者さんからナタリーはどうなったんですか?といった当時ナタリー常連者から質問を受ける事も
多々ありました。

 

軍の締め付けが厳しいから潰されたとか、ナタリーが儲かってるから他の妬みで潰された!
外国人が働いているから潰されたとか

 

等色々と言われておりますが、割とこの近辺のそして、アムステルダムが潰れた本当に理由は
かなり単純な理由でして。

 

もう発表されている事ではありますが、要はコンドミニアムを建設する為に
あそこの土地が欲しかった。

 

それだけの為に周辺のマッサージパーラーを潰した理由だそうです。

 

ただ、対外的に理由を全体のマッサージパーラー業界を締め付けている風に見せないと
罰が悪いので不正がないかどうか他のMPとかも調べている風を装っていたみたいですが

 

シナリオは既に描かれており、何かしらの利権の元土地が欲しいデベロッパーかどこかはわかりませんが
軍や警察にコネクションのあるどこかが潰したという筋書きが真相だそうですよ(笑

 

まぁ、この国が外国人をマッサージパーラーで働かせいて
救済の為に動く事は100%確実にないとは思っていましたし、

 

場所もピンポイントで軒並み潰していたので何かあるんだろうなとは思ってましたが。

 

意外と答えは単純で軍政権だからじゃなくて土地が欲しかったなんていう理由で
潰してしまうのはまさにタイだなぁと思いました(笑

 

面白いですよね。

 

信じるかどうかはあなた次第って事でひとつ(笑

 

まぁ、案外バンコクの風俗業界は税金はあがるものの
意外と大丈夫なのかもしれませんね。

 

パタヤはちょっとわかりませんけども。

 

 

[`livedoor` not found]
Pocket