馴染みのテーメー嬢に電話したら日本人から折り返しが掛かってきた話

IMG_2087

 

先日、実に1〜2ヶ月ぶりに現テーメー嬢?の出戻り娘から電話が掛かってきました。

 

電話が掛かって来ての久々の第一声

 

『お金ちょーダーイ』

 

・・・相変わらずだなと思いました(;´Д´)

 

K「いや、お金ないですけど」

 

出戻り嬢「ATMあるでしょ!」

 

K「振込詐欺かYO・・・」

 

出戻り嬢「私風邪で体調悪くて仕事行けない・・・カワイソーデショ」

 

(わざとらしく咳をする出戻り嬢)

 

K「タイヘンダネー(棒読み)」

 

K「っていうか彼氏はどうした彼氏は」

 

出戻り嬢「ワカレタ」

 

あっそう・・・(;´Д´)

 

とりあえずめんどくさいので
そっと携帯の『通話終了』に手を掛けたのでした(笑

 

悪い子ではないんですが、こんな猿芝居を言われて助けて上げる程
私は優しくありません。

 

というか、最近連絡を取ってなかった経緯が色々とネタとしては面白かったんだけども
リアルタイムで書くのはマズイかなと思って避けていましたが、
かなり時間が立ったと言う事もありちょっと書いておこうかと思います。

 

 

この日スティサン・レインボーでウアン君と二人で飲んでた訳ですが、
途中でふと出戻り嬢に電話してみるかと思いコール。
(結構酔って来ると馴染みの子に電話したくなるタチです。)

 

 

が、結局夜もそこそこ遅かった為か二、三度電話しましたが、出ませんでした。
まぁいいか・・というわけで席に戻って再び酒を飲み直していて
チェックビンをしたタイミングで出戻り嬢から折り返しの着信があり、
お会計をウアン君に任せ、お店の外へ出て電話に出ました。

 

 

すると・・・・

 

 

見知らぬ男『もしもし?』

 

なんだか知りませんが男の声で通話があり・・・・

 

間違い電話かなんかか?と思ってディスプレイを見ると
連絡先には確かに出戻り嬢の名前が・・・

 

ん?(´・ω・)誰だコノヒト

 

とりあえず日本語で話せる感じみたいだったので
会話してみる事に

 

K「もしもし?あれ、これ出戻り嬢の携帯ですよね?

 

K「どちら様ですか?」

 

見知らぬ男「・・・もう電話しないでくれる?」

 

K「はっ?(;´Д´)」

 

K「いや、意味がわからないんだけど?何ですか貴方。」

 

見知らぬ男「迷惑だからもう電話しなくていいから」

 

少し酔っていたと言う事も相まって、私の思考も酔いモードというのもあり
状況の把握に時間を要しましたが・・・

 

K「えっと・・・貴方には関係ないでしょ・・・」

 

見知らぬ男「・・・俺たち付き合ってるから

 

K「えっ!? (゚Д゚)」

 

衝撃的な一言が飛び出してきました(笑

 

しかし、こういう経験は日本でもなかったんで・・・
どう返していいのか非常に悩みました。
正直出戻り嬢が誰と付き合っていようが関心はありません。

 

 

K「あーそうですか・・・それで何か?・・・」

 

 

見知らぬ男「・・びびってんの??」

 

・・・・意味不明(;´Д´)

 

K「いや・・・意味がわからないんで・・・」

 

見知らぬ男「とにかくもう電話して来なくていいから」

 

ツーツーツー

 

といい放ち、電話を切る見知らぬ男

 

・・・・本当にワケワカメでした。

 

というか本当にこっちからの電話を受け付けたくなければ、
携帯の番号を変えさせるなり着信拒否にでも入ればいいんじゃん・・・
私の知る上で出戻り嬢は4〜5回電話番号変わっているし・・・
付き合ってるならその程度の事してあげればいいのに・・・

 

ウアン君「あれ、Kへんな顔してどうしたの?」

 

K「出戻り嬢から電話が掛かってきたと思ったら見知らぬ男からの電話だった(;´-´)

 

ウアン君「はっ!?ナニソレ面白い事やってるね」

 

K「とりあえず、何かこの人誤解しているかもしれないので電話を掛けてみよう」

 

その後3、4回電話するも再び電話に出てくれる事はありませんでした(笑

 

しょうがないので日を改めて次の日の夕方頃真相を聞くべく出戻り嬢に再び電話

 

 

曰く『酔ってた』

 

 

とのご回答を頂いたのでした・・・・なんだそれ(;´-´)
なんですかね・・・一緒の相手をその気にさせるテクニックか何かですかね?

 

 

まぁ、なかなか貴重な体験が出来たなと思いました。

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Pocket