2017年新年早々パッポン・キングス・キャッスルのゴーゴー嬢と家で過ごす

2017年、新年明けましておめでとうございます。

 

昨年は色々とお世話になりました。
以前に比べて更新頻度は落ちた当サイトではありますが、今年も引き続き
バンコクの夜遊び事情をつらつらと綴っていければなと思っておりますので
今後ともよろしくお願いいたします。

 

というわけで、新年一発目の更新として、年明け一発目のお店はパッポンにあるキングスキャッスル1へ
足を運んできました。

 

カウントダウンはタニヤのアゲハで今年は祝ったのですが、そちらの話はまた後日ということで
今回は年明けからのスタートなります。

 

さて、パッポンのキングスキャッスル1へと足を運んだ理由として、
最近何かとお部屋へお邪魔しているキングスキャッスル嬢に会いに行ってきたわけですが、

 

 

新年明けのテンションの中お立ち台脱ぎだす人続出という嬉しくないハプニング満載でございます。

 

嬢の脱ぎショーだったら大歓迎なんですけどねぇ(;′-′)
まぁ、でも年明けなんてどこもそんなものではないでしようかね。

 

そういえば昨年の新年はスティサンのレインボーで過ごしましたが、
まさか今年の新年をパッポンのゴーゴーバーで過ごす事になるとは、我ながら自分自身でもびっくりです(笑

 

と、一人でまったりと飲んでいた所こちらのタイ在住で飲み仲間の知り合いの方が偶然お店に訪れ
なんだかんだでチーママ達を巻き込んでの盛り上がりを見せることとなりまして
まさにキングスキャッスル内は阿鼻叫喚の嵐でございます。

 

もちろん、そんな中客の入りも上々であり、当たり前でありますが、満席なのは言うまでもなく
割と最近のパッポンもそこそこ力があるのだなぁと感じざるえません。

 

そんな中、ふとステージを眺めていると個人的にむちゃくちゃ好みの嬢を発見してしまいまして(笑

 

ものすごーーーく呼びたいんですけど・・・一応自分の中の縛りとして
1店舗に席につける嬢は一人という自分ルールがあるので呼ぶのは控えて
しばし年明けでテンションが上がっている、好みの嬢のダンスを眺めるだけに徹していたのでした。

 

はぁ・・・・非常に残念だ(;′ー′)

 

そんな一喜一憂している所に最近アパートとへとお邪魔している嬢が颯爽と現れ
新年をタイ在住の飲み友達と祝います。

 

この日年明けということで、営業は2時クローズではなくて
3時半くらいまでキングスキャッスルは営業していたみたいでした。

 

さすがにいくら年明けとはいえ眠くなってきたということでそのままお店を嬢とフェードアウトしつつ、

 

K「・・・・・あっ・・・お寺行きたいお寺・・・近くある?」

 

キングスキャッル嬢「?お寺いくの?OK歩いていこう。」

 

 

多分・・・MRTサムヤーン(シーロム駅の隣)だと思うのですが、パッポンからその付近まで歩いて行って
新年の初詣?をタイのお寺で祈りを捧げてきたのでした。

 

 

実はこういった新年のイベント参加は初めてでして(笑
観光以外でこういったタイのお寺に訪れたのはもしかしたら初めてかもしれませんね。

 

 

なので、貴重な経験ができました。

 

 

なーんてタイの新年の雰囲気に浸っていたら・・・どこかで見たことある巨漢のオカマが・・・

 

 

・・・・ナナプラザのマツコデラックスさんじゃないか(笑
こんな所で再び相見えるとは・・・なんとも縁があるお人である。

 

 

なんか向こうもこちらの事を覚えてくれていたみたいで、軽く新年の挨拶を交わし、
またお店に足を運ぶよ〜なんて返しをしてたら

 

キングスキャッスル嬢「・・・・あなたは彼とどういう関係なの??」

 

という疑いの眼差しの視線で新年早々睨まれるのでした(;′-′)
・・・・オカマは興味ないので信用してほしい所である。

 

というわけで、お寺で参拝後は再びパッポン通りへと戻り、キングスキャッスル嬢は
1月2日に実家へ帰るということで、foodlandで実家へのお土産を買い込み

 

タクシーで二人で彼女のアパートへと帰宅するのでした。

 

・・・・・・

 

 

・・・

 

 

 

一夜明けて元日

 

この日は日曜日且つ元旦であることからまぁ私は仕事は休みなわけでして(笑
夕方4時くらいまで惰眠を貪っていたわけですが、

 

キングスキャッスルで働くゴーゴー嬢はご出勤のご様子。

 

そのまま二人でパッポンへと再び出動かと思いきや

 

K「・・・・あれ?上着とズボンがないんですけども(;′ー′)」

 

(エロい意味はなく寝る時は基本パンツ一枚です(w)

 

キングスキャッスル嬢「あ、今洗濯してる」

 

K「(;°Д°)は、謀ったな!!!」

 

キングスキャッスル嬢「日本の映画も観れるから部屋で待機!」

 

というわけで、彼女は一人でキングスキャッスルへとご出勤

 

私は一人で進撃の巨人前後編を見ながら服が乾かないので
大人しくアパートで待機となったのでした。

 

特に何もすることなく、ぼーっと新年は部屋でまったりとゴーゴー嬢の帰宅を待ちながら過ごす感覚は
・・・・ぶっちゃけ暇でして(笑

 

なんか進撃の巨人の後半を見ている途中で意識がブラックアウト
次に目が覚めたのは深夜2時であり、パッポンのお店もちょーど終わってるかなー?
と思える時間帯で、タイミング良くパッポンのキングスキャッスル嬢からLINE電話があり

 

キングスキャッスル嬢「今どこー?」

 

K「あなたの部屋ですが(;′-′)」

 

キングスキャッスル嬢「お腹減ってない?何か食べる?」

 

K「あっ、お願いします。」

 

キングスキャッスル嬢「何がいい?ソムタム?(笑」

 

K「何でもいいです。」

 

 

ガイヤーンとカオニャオを買ってきてくれたのでした。

 

割と嬢が仕事終わりの場合部屋でご厄介になっているとご飯はマストで買ってきてくれるそのお返し
というわけでもないですが、お皿用意したり取り分けたり扇風機つけたり水とってきたりという動作は

 

グータラ部屋で映画なんぞ見ていた男のお仕事なわけでして。

 

 

こうしてバンコクのゴーゴー嬢やカラオケ嬢の彼氏達は
ヒモ男化していくのかもしれませんね(笑

 

というわけで、結局連泊でキングスキャッスル嬢の部屋に泊まった翌朝
彼女は実家へと帰省するということで、服も乾いた事だし早々に部屋を退散するのでしたとさ。

 

投稿者プロフィール

K.K

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。

基本的な遊び方は飲み専

[`livedoor` not found]
Pocket