夏の訪タイ帰国後からぼやっとータイで就職できないか?と考えてました(昔話)

10

medium_3411775886

日本帰国後年末までおよそ4ヶ月間
それは英語の勉強をしたり、
タイ語の勉強したりと、プライベートでは
とても有意義に過ごしておりました。

英語の勉強はそれなり進むものの
やはり、慣れていない言語というのは非常に難しさを感じますね
さっぱりわかりません(;´Д´)
特にタイ語は声調というものがあるのでさらにややこしいし・・
でもそんな毎日も悪く無かったです。

理由は

たまーに運命のバービア嬢に電話が楽しかった

会社の仕事はというと、
正直この頃には社内での基盤のシステムを
全部作り終えていたことから、ほとんど保守的な仕事ばっかり
それほど面白くはありません。

そして社内ではそれを販売していこうか!
とか言う話も出つつ

個人的には非常にお断りしたい所でして(笑

だってシステムは全部私一人で
作ったんですもんもん(´Д´)

社内で使う分ならまだしも、
外に販売して、クレームを一人で処理とか嫌過ぎますし、
社内に特化した機能ばっかでしたので
それを他の会社にあわせてカスタマイズをまた一人でやるなんて・・・

勘弁(´・ω・)

って事でこの頃からぼやぼや~と
タイで就職できないかなぁと考えておりました。

なので暇な時はタイでどうやって就職したらいいのか!
を徹底的に検索検索!!

まず一番最初にやった事は
英語のレジュメの作成でした。

なにせ、日本で生きていて27年間
英語でドキュメントなんか作った事もなく、
googleで 英文 レジュメで検索して
書き方をコピペしてせこせこ書いておりました。

それでもとりあえず形にはなったかなという事で、

ネットで検索して、日本からタイの人材会社に
英文レジュメを登録してみました。

すると一日後すぐ、メールで回答があり。
折り返し電話で話したいという事

会社のお昼休みに電話をワクテカして
家の部屋で正座して待っておきます。

すると見慣れない通知とともに、
電話が掛かってきました!

これだ!(*´Д´)即出w

簡単な電話面談という事で、

まず希望する職種はなんなのか
タイ語はしゃべれるのか・英語はしゃべれるのか

簡単に聞かれました。

電話の担当者「タイ語・英語は喋れますか?」

K「いえ、学習中でして・・・そんなに喋れません(;´Д´)」

電話の担当者「なるほど、そうですか・・・」

ちなみに私が望んでいた職種はIT系職

K「タイではIT系の仕事ってありますか?」

電話の担当者「頻繁にはないですが・・・今あまりIT系の職はないですねぇ」

K「なるほどそうですか・・・
やっぱり、タイ語なり、英語なりしゃべれないと難しいですかね?」

電話の担当者「そうですね、言葉が喋れないとなると・・・・
コールセンターくらいしか・・・」

K「なるほどー(;´Д´)そうですよねぇ」

電話の担当者「また、求人にマッチするような事がありましたら、ご連絡しますので」

K「すいません、お願いします」

といった感じで最初のコンタクトは終了w

感触的にはやはり言語が出来なければかなり辛い感じ
という印象を受けた最初のタイでの人材会社へのコンタクトでした。

まぁその通りすぎて返す言葉もありません。
こりゃーもっと言語を学習せねばという気持ちになりました。

ちなみにその電話の後に
コールセンター関係の業務内容を調べたりしました。

一体どういう業務内容なんだろうかなと?

そしたら、

『海外は凄くいい所!!』

『自分の時間を自由に使える!!』

『タイは日本の物価の1/3です!!』

みたいな非常に素晴らしい謳い文句とともに
広告を出している所が多数・・・

へぇ凄いなぁとその時は思っていましたが

もっと突っ込んで調べていくと
コールセンターで働くのはどうやらブラックらしく

ないなぁという結論に(笑

タイに住むとよく分かるんですけども
給料が30,000thbくらいでやっていくのって

はっきり言ってかなり厳しいし、相当の覚悟が無ければ
モチベーションが続く金額じゃないです。

で、なおかつ仕事終わりには人に誘われば付き合いもありますし
一回の食事、付き合いで行くなら1,000thbは超えますしね・・

大体そういうので行くお店は日本食のレストラン

まぁその話はまたの機会においておいて・・・

とにかく、この時期ありとあらゆる
タイ関係の情報を調べまくったと思います。

いかにして、タイに移住できるのか?
勿論動機は不純ですけどねー(笑

次回、ハッピーニューイヤー越し、3度目の訪タイへ続く

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

photo credit: 27147 via photopin cc

Share.

About Author

タイ・バンコクに移り住んで6年目に突入。WEB/DTP系の仕事のデザイン・プログラム・サーバー保守等を行いつつ夜な夜な夜の街タニヤ・ナナプラザ・ソイカウボーイ・パッポン・スティサン界隈へ出没しています。 基本的な遊び方は飲み専

10件のコメント

  1. 今まさに僕がこんな感じです。うまくいけば8月にバンコク近辺で面接が受けれそうなんですよ。本格的に働くのは11月からですけどね(*´∇`*)
    早く行きタイ!!ww

    • おー!タイにて就職ですか!頑張ってくださいね^^
      最初は色々と勝手が違う部分で戸惑うかもしれませんが

      気合で切り抜けてください応援してます!

  2. うう。わかります。しかし、言葉まったくダメえのなんのスキルもないいので今はコールセンターで貧乏生活。なんとかコスパ高い遊びをしようと研究してますが管理人さんの情報すごくためになります。感謝(^・^)早くタイ語覚えてスティサン目指します(^-^)

    • コールセンターだと仕事が日本語のみで簡潔しちゃうみたいなので
      なかなか難しいですよね(;´Д´)

      でも時間とかは結構余裕が出るみたいな話は聞いた事があるので
      その間に、言語を学習して次のステップへ進みましょう。

      スティサン・・うーん・・あまり慣れすぎてくると
      出費はかさむ場所かもしれません(笑

  3. こんにちは。
    いつも楽しく読ませて頂いています。
    私はタイで遊びたくて昨年早期退職をして今タイで働いています。私も語学は全くダメなので最初はコールセンターと思ったのですが、調べるとやはり悲惨という事が分かり、別の仕事を見つけました。仕事は日本語のみで月に7万バーツ前後もらっています。日本で探すとなかなか見つかりませんが、タイに住んでしまえば色々見つかるものです。難しく考えずにタイに来て下さい。相談に乗りますよ(笑)

    • 月7万バーツで日本語のみの仕事ですか!!
      いいですね。魅力的ですw

      確かにこっちへ来てしまえば日系のフリーペーパー等で色々と求人は拾えますし、

      人材会社も豊富ですので、
      しっかりとした経験がある方は
      すぐに見つかりますよね

      いいなー相談しようかなー(笑

  4. いつもブログ見させてもらってます。
    今求職中でして、バンコクで働ければなぁと少し思っています。
    この続き早くみたいです(笑)
    よろしくお願いします。

    • この続きは年末訪タイの後に書きますので、すぐ知りたいなら

      過去に幾つか記事書いてますので
      そちらを参考にしてください^_^

Leave A Reply

CAPTCHA